カーシェアリングイメージ

普及の背景

カーシェアリングの歴史

カーシェアリングは1980年代にスイスで誕生しましたが、日本では法の制約があり、かなり遅れて1999年に経済産業省の外郭団体などが実証実験を開始しました。この法規制とは、「有償での車両の貸し出しは、有人の事務所で管理しなければならない」というもので、要するにレンタカーを視野に入れたものでしかありませんでした。

やがて、ニーズの拡大や環境政策、技術の発達などの観点から、2005年(平成16年)4月の国土交通省の通知により、特区認定を受けた区域での無人での車両の貸し出しが可能となりました。これを受け、神奈川や福岡、広島などが特区申請を行い、都市部を中心にカーシェアリングのサービスが開始されました。特区エリアは徐々に拡大していき、当初は補助を受けた実験事業が主だった団体も、民間事業へと移行していきました。

その後、2006年(平成18年)7月からは、規制緩和項目の全国対応により、特区申請がなくても無人管理の有償カーシェアリング事業が行えるようになりました。(特区指定は廃止)
現在は、オリックス、マツダ、トヨタなど大手企業が参入し、多くの拠点と明確なサービス内容を打ち出し、れっきとした1つのサービス産業へと成長している真っ最中です。