カーシェアリングイメージ

車の共有イメージ

カーシェアリングには、どういう車の利用のされ方をしているか、どういう人が利用を希望しているかによって、いくつかの共有パターンがあります。だいたい上から順番にポピュラーな共有パターンになっていますが、共有する人たちの利害が一致すればどんなパターンでも可能です。今後はこれ以外にもいろいろなパターンが出てくる可能性があります。


1.マルチステーション

カーシェアリングの種類

・駅を拠点としたカーシェアリング。

・最寄駅から、タクシー代わりにマイカーと同じ感覚で利用できる。

・複数の駅に拠点があれば、別な駅での乗り捨ても自由。

・カーシェアリングの代表的イメージではあるが、乗り捨て自由の場合は配車数の片寄りが発生する可能性がある。


2.マルチデポ

カーシェアリングと駐車場

・デポ=車の貸し出し、返却ができる駐車場のこと。

・複数の駐車場で車の貸し出し、返却が可能。

・どこの駐車場に返却してもよい。

・将来的なカーシェアリングのイメージではあるが、同じく配車数の片寄りが発生する可能性がある。


3.マンションカー

カーシェアリングとマンション

・マンション・団地の住民間で共同使用。

・敷地内の駐車場不足解消に役立つ。

・管理組合、自治会などとの協調が必要。


4.平日と週末でシェア

カーシェアリング・平日と休日

<平日>
駅周辺の商店、会社で使用。
他の駅から電車で来て、この地域で客先回りをするビジネスマンが使用。
<週末>
マイカーとして使用。

・駅周辺の駐車場不足解消、迷惑駐車解消に役立つ。
・週末しか車を利用しない人のためのファーストカー需要。

5.昼/夜でシェア

カーシェアリングと昼夜

<昼間>
駅周辺の商店、会社で使用。
他の駅から電車で来て、この地域で客先回りをするビジネスマンが使用。
<夜間>
朝晩の通勤のために使用。夜間は会員の自宅に保管。

・駅周辺の駐車場不足解消、迷惑駐車解消に役立つ。
・朝晩の送迎のためのセカンドカー需要。
・本人が運転して駅で乗り捨てれば家人の送迎の手間が省ける。
・深夜帰宅時にタクシーの列に並ぶ必要がない。