カーシェアリングイメージ

カーシェアリングのメリット

我々車の利用者にとって、カーシェアリングのメリットで真っ先に思い浮かべるのは経済的効果です。他にも、自宅とは離れたところで気軽に利用できる利便性なども挙げられます。
しかし、カーシェアリングのメリットはそれだけではありません。利用者のみならず、社会全体、地球全体で考えても無駄に自動車の台数を増やさないことは大きなメリットがあると考えられます。それはどういうことか、それぞれの立場から見たメリットをまとめます。


【利用者から見たメリット】

カーシェアリング効果

・自動車を保有する際に発生する購入費、維持費、駐車場などの固定経費の削減。
→共有する人数が多くなれば、一人当たりの負担額は少なくて済みます。

・燃料費の節約
→利用するたびに料金が発生するので所有しているより経費の感覚が増して、気軽に車を使わなくなる。

→安全性やメンテナンスの意識向上
共同利用という意識から、自動車を大切に使い、安全運転を心がけるようになる。


【社会的メリット】

カーシェアリング効果

・自動車による環境破壊の抑制
→無駄に自動車を使わなくなることにより、エネルギーの節約、排出ガスの削減につながります。

・交通渋滞の緩和
→自動車の走行台数が抑えられれば渋滞が緩和され、駐車スペースの問題が減れば迷惑駐車も減ります。

・電気自動車やハイブリッド車の導入
→個人で買うよりも、先端技術車を導入しやすくなります。


社会的メリットに関しては、カーシェアリングが個人だけでなく企業利用にまで広がれば、相当な効果が期待できると考えられています。